大國魂神社 東京のパワースポット-東京五社の一つ

大國魂神社は、東京都府中市にあるとても歴史のある神社です。大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を武蔵国の守り神として祀った神社です。この神は出雲の大国主命と御同神です。創建は景行天皇41年(111年)で、多くの神社の中でも古い歴史のある神社です。東京大神宮、明治神宮、靖国神社、山王日枝神社とともに「東京五社」の一つで、歴史と格式の高い神社です。また、関東三大奇祭の一つ「くらやみ祭」でも有名ですね。

拝殿

東京を代表する五社の一つ

段落の仕切りライン

境内の外の風景

境内は市中の道と隣接している

鳥居の2枚組

参道

案内図

参道脇にある案内図

手水舎

手水舎

随神門

随神門

神楽殿

神楽殿

絵馬掛け所

絵馬掛け所

結婚式場

境内には結婚式場もある

<大國魂神社の御祭神>

♦主祭神:大國魂大神(大国主神)

♦相殿神:

・御霊大神(ごりょうおおかみ)

・国内諸神

・武蔵国の一宮から六宮の神々

 ・一宮:小野神社 小野大神(天ノ下春命)

 ・二宮:二宮神社 小河大神(国常立尊)

 ・三宮:氷川神社 氷川大神(須佐之男命・稲田姫命・大己貴命)

 ・四宮:秩父神社 秩父大神(八意思金命・知知大彦命・天之御中主神)

 ・五宮:金鑚神社 金佐奈大神(天照大神・素戔鳴尊・大和武尊)

 ・六宮:杉山神社 杉山大神(五十猛命・大日霊貴命・素戔鳴尊)

<境内社>

稲荷神社、宮之咩神社、松尾神社、巽神社、東照宮、住吉神社、大鳥神社、水神社

<大國魂神社の御利益>

開運:開運招福、商売繁盛

縁結び:当神社には結婚式場もあり挙式場としても人気がある。

厄除・八方除:厄を除け福を招く

<大國魂神社の由緒>

大國魂神社は、東京都府中市にある武蔵国総社(むさしのくにそうじゃ)です。創建は景行天皇41年(111年)で、大化の改新が行われた後に、この地に武蔵野国府が置かれ国司が武蔵国内の諸神を配祀(はいし)したことから「武蔵総社」と称しました。

ポイント:

武蔵国総社→武蔵国とは、現在の東京都・埼玉県(隅田川西部)・神奈川県(北東部)のことです。その武蔵国にある一之宮から六之宮を合わせ祀ることから六所宮と称したとされます。

国府→奈良時代から平安時代に、律令制に定めた令制国の国司が政務と執る施設が置かれた都市のこと。

配祀→主祭神のほかに、同じ神社の中に他の神を祭ること。

<大國魂神社の基本情報>

  • 名称:大國魂神社
  • 所在地:東京都府中市宮町3ー1
  • 電話番号:042ー362ー2130
  • アクセス:京王線「府中駅」徒歩3分、JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」徒歩8分
  • 駐車場:有り
  • ホームページ:コチラより

段落の仕切りライン